2012年10月04日

樹脂粘土の懐かしい作品をminneのギャラリーにUPしてみました

IMAG0009.jpg数年前になりますがクリスマス用に作成したミニ・リースです。
樹脂粘土で天使の羽を作るのに、だいぶ苦労しました。
天使や妖精のリースを作るのは、気合が必要だけど、とても楽しいです。

今は、実家の棚に飾られています。





IMAG0010.jpgこちらは、プレゼント用に作成したものです。
おお振りのブローチ台を使うのは、私にしてはちょっと珍しいかも。



追記を読む
posted by 月猫 at 19:03| 作品詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

樹脂粘土のハロウィン 大きめ2wayヘアクリップ

SANY0065_01.jpgちょっとインパクトのあるサイズですが、ハロウィン仮装用や、ハロウィンの魔女帽子の飾り、バッグチャームとしては丁度良いかな、と思います。
ハロウィンのモチーフ作りはとても楽しくて、樹脂粘土で作りためていたものが結構ありました。

今年は、オーブン粘土でモチーフ作りをしていますが、樹脂粘土での制作もちょっと捨てがたいなぁ、と、新たに樹脂粘土でもモチーフを作ろうかどうか、悩み中です。

追記を読む
posted by 月猫 at 06:38| 作品詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樹脂粘土のハロウィン 小さめ2wayヘアクリップ

SANY0066_1.jpg作りためていた、樹脂粘土のモチーフを、ハロウィン用の2wayヘアクリップにしてみました。

2wayなので、ヘアクリップとしてだけでなく、コサージュとしても使うことができます。
バッグ・チャームにもなりますし、ハロウィンの仮装するとき、魔女の帽子につけてもいいかな、と思います。


樹脂粘土のモチーフ作りは、樹脂粘土の乾燥との戦いで、結構、瞬間芸的な所がありますが、とても楽しいです。
作っている最中に固まってきちゃうからこそ出来る形、というのがある、ということは、焼くまで固くならないオーブン粘土でモチーフ作りしているときに実感します。
それと、樹脂粘土とオープン粘土の大きな差は、オーブン粘土は基本的に接着剤が不要って所だなぁ、という感じですね。


追記を読む
posted by 月猫 at 06:32| 作品詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

オーブン粘土の青薔薇のミニ・バレッタ

SANY0058.jpg紺と金のマーブル模様の青薔薇のバレッタです。
オーブン粘土は、粘土といっても焼いた後はプラスチックっぽい感じに仕上がり丈夫です。
ただ、バラの花弁や葉は、薄くしたオーブン粘土なので、不思議な弾力があり、若干、繊細な感じではあります。

とはいえ、オーブン粘土は、樹脂粘土と違い、何といっても、水濡れに強いのが安心です。

樹脂のパテを使い、バラや葉、ラインストーン、ビーズなどをバレッタに飾ってあります。



続きを読む
posted by 月猫 at 01:14| 作品詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樹脂粘土の赤薔薇の2wayヘアクリップ

SANY00575.jpg樹脂粘土を使ったヘアクリップです。
房の部分が取り外し可能になっていますし、2wayでクリップとピンが付いていますので、ヘアアクセサリとしてだけでなく、コサージュや、バックチャームとしても使用できます。
樹脂粘土の赤バラは、一応、若干の耐水処理をしています。が、やはり樹脂粘土は水濡れに弱いので、万が一、濡れた時は、軽く水を払って、そのままそっと乾かします。

房の部分は、白レース糸をリリアン編みして、アクリルビーズを編みの中と外に飾っています。
赤バラのベースは、ラメ入りコットンをリリアン編みしてモチーフを作っています。
バラの葉では、スワロのビーズがキラリと光ります。


続きを読む
posted by 月猫 at 01:00| 作品詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。